Blog&column
ブログ・コラム

土地売却における確定申告の必要書類について

query_builder 2021/05/25
コラム
7
お手持ちの不動産土地売却した場合、確定申告する必要があります。
とはいえ、確定申告に馴染みのない方にとって難しいものですよね。
「どんな書類がいるの?」「何をやれば?」とわからない方もいるのではないでしょうか?
今回は、土地売却時における確定申告の必要書類について紹介していきます。

土地売却時における確定申告の必要書類
確定申告の必要書類は特例事案を除き、主に6つの書類が必要となります。
書類の入手場所別にご紹介します。
■税務署
・譲渡所得の内訳書(土地・建物用)
・確定申告書第一表、第二表(B様式)
・申告書第三表(分離課税用)

■法務局
・申告書第三表(分離課税用)

■自分で準備する書類
・売買契約書のコピー
・領収書コピー

▼確定申告の必要性
■譲渡所得がマイナスの場合
土地売却した際に、譲渡所得がマイナスなら、税金が発生することがないので確定申告は必要ありません。
しかし、譲渡所得がマイナスで確定申告を行うことで、
・節税のための特例を使用できる
・税金が還付される
などの利点もあるため、確定申告するのがおすすめです。

■譲渡所得がある場合
譲渡所得があるのに、確定申告を行わなかったり期限を過ぎて申告をした場合には、以下のような罰金があるので注意が必要です。
・無申告加算税
・延滞税
無申告加算税は、確定申告を行わなかったことで課せられる罰金です。
税額に応じて15%~20%の割合となります。
確定申告の提出期限に送れた場合の罰金である延滞金は、未納期間に応じて延滞金が課せられます。

▼まとめ
土地売却における確定申告の必要書類について紹介してきました。
ムダな罰金を払わないためにも、確定申告は期限内に必ず納めるようにしましょう。
弊社では土地に関するさまざまなお悩みに対応しております。
お困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE