Blog&column
ブログ・コラム

住宅ローン控除を受ける方法

query_builder 2021/08/01
コラム
21
住宅ローンを利用した場合に、ほとんどの方が住宅ローン控除を利用しますよね。
住宅ローン控除を受けるには確定申告が必要となってきます。
住宅ローン控除を受ける方法について、詳しく紹介していきたいと思います。

▼住宅ローン控除とは?
住宅ローン控除とは、正式名称を住宅借入金等特別控除といいます。
住宅購入を促す為の施策として定められた税制の特例制度になります。
一定の住宅ローンを利用して住宅を新築または取得、増改築した場合に利用できる制度です。
年末残高の一定割合に相当する金額を、所得税や住民税から控除を行なってくれます。

▼住宅ローン控除を受ける方法
住宅ローン控除を受けるにあたって、確定申告を行う必要があります。
入居した翌年に確定申告をしなければならず、時期としてはサラリーマンなどの給与所得者は購入・入居した年の
翌年1月4日から3月15日までになっています。
自営業者で毎年確定申告を行っている場合は、2月16日~3月15日の一般の申告と合わせて行ないます。

■必要な書類
まずは、確定申告の基礎となる確定申告書です。
確定申告書には2種類が存在し、会社員等で所得の種類が給与所得・雑所得・配当所得・一時所得の場合は確定申告書A、
それ以外の方は確定申告書Bを使用してください。

他には、マイナンバーが記載されている書類・住宅借入金等特別控除額の計算証明書・源泉徴収票・土地・家屋の登記事項証明書・
不動産売買契約書や工事請負契約書・住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書などが必要になってきます。
初年度は必要書類が多いため大変と感じる方も多いかと思いますが、住宅ローン控除は控除額も大きいので積極的に利用されることを
おすすめします。
書類は漏れがないように余裕を持って準備しましょう。

NEW

  • 優良物件の見つけ方について

    query_builder 2022/05/01
  • 家事動線に便利な間取りとは?

    query_builder 2022/04/15
  • 物件のメンテナンスの重要性について

    query_builder 2022/04/01
  • 不動産会社の選び方について

    query_builder 2022/03/15

CATEGORY

ARCHIVE