Blog&column
ブログ・コラム

老後を見据えた家の選び方とは

query_builder 2022/06/03
コラム
46
ある程度の年齢になると、老後のことを考えて早めに家を購入したいと考える方も多いことでしょう。
今回は老後を見据えた家の選び方について解説しますので、より良い物件を見つけるための参考にしてください。

▼老後に適した家の条件
若い時は家の景観や間取りなどを重視して家を選ぶ方も多いと思いますが、年齢を重ねると「住みやすい家」の条件も変わってきます。
老後を見据えて家を探す時は、以下のポイントに注目して考えてみましょう。

・長く住めるかどうか(リフォームは早めに済ませる)
・スーパーや病院、デイケアなどが近いかどうか(できれば徒歩圏内)
・坂や階段などが極力ない場所が望ましい

老後の住まいは70歳、90歳となった時も住み続けることになるので長く住める丈夫な家を選ぶのは最も重要と言えます。
加えて、体に不具合が出た時に家の修繕が重ならないよう、大規模な修繕やリフォームはギリギリまで待たずに早めに済ませるよう計画しておきましょう。
また、年齢を重ねると遠くへの移動が難しくなり、車の運転もできなくなる可能性があります。
スーパーや病院などの施設はなるべく徒歩圏内にあるほうが望ましいでしょう。
坂や階段などもできるだけ少なく、平地に近い場所のほうが安心です。

■早めに物件を探し始めよう
老後はまだ先のことだと思うかもしれませんが、家を購入するには色々な準備が必要です。
ぜひ、思い立った時から少しずつ物件探しを始めましょう。
すぐに購入するわけではなくても、色々な物件を見ることで間取りのバリエーションや地域ごとの価格の違いなどを知ることができますので、実際に購入する時の予備知識として役立ちます。
株式会社住まいるほーむでも老後に適した物件のご紹介を行っていますので、いつでもご相談ください。

▼まとめ
日本人の平均寿命は年々のびていますので、今の働き盛りが定年退職をする頃には人生100年どころか120年になっている可能性もあります。
安心して長生きするためにも、ぜひ早めに「良い家」を探しておいてくださいね。

NEW

  • 老後を見据えた家の選び方とは

    query_builder 2022/06/03
  • 優良物件の見つけ方について

    query_builder 2022/05/01
  • 家事動線に便利な間取りとは?

    query_builder 2022/04/15
  • 物件のメンテナンスの重要性について

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE